ウォーター

  

水の違い

液体の水でも硬度があります。
硬度の高い水を硬水と言います。硬水の特徴は、のどごしが良くない事です。
硬水に慣れていない人は、ごくごくと飲み続けることが楽ではないと感じるでしょう。
また、硬水は身近なスーパーでも販売されているので、飲んだ事があるという人は多いでしょう。
飲む時には分からない他の特徴としては、料理の面において、和風料理にはあまり向かないという事が言えます。
一般的においしい水と言われるものは、硬度が低い為、硬水を好んで飲む人は、あまり多くないでしょう。
しかし、硬水には多くのマグネシウムとカルシウムが含まれていて、おいしい水とは言われなくても、栄養価が高いという事が言えます。
そういった特徴から、おいしい水とされる軟水と比べて、疲労回復に大いに役立ちます。

硬水と比べてのどごしが良く、とても飲みやすいと言われています。
料理の際に、素材のうまみ成分を引き出してくれる事から、煮る事が多い日本料理に最適だとされています。
緑茶を作る際に、緑茶本来の色や香りが出やすいので、緑茶を作る際には軟水が多く使われています。
また、石鹸が泡立ちやすいという特徴もあり、ここまで聞くと水本来の特徴じゃないかと思われますが、同じ水でも硬水だとこういった事がありません。
石鹸が泡立ちにくく、緑茶の色や香りを引き出す事には向いていません。

海洋深層水とは、推進200メートル以下の海水の事を言います。
海水と聞くと塩辛いイメージがありますが、ほとんどのメーカーが塩分を取り除き、殺菌処理をしてから販売をしています。
海洋深層水は、おいしい水の中にも入っており、ナトリウムやマグネシウムが含まれています。
海洋深層水が体にいいとされる理由には、太陽の光が推進200メートル以下までには届かず、水温がとても低い為に水が汚されていないのです。
海洋深層水のミネラルバランスが人の体内と似ているとも言われています。